【フィリピン】ワンダ・テオ観光大臣ー日本人観光客50万人達成でダルマに目入れ

【フィリピン】ワンダ・テオ観光大臣ー日本人観光客50万人達成でダルマに目入れ

昨年日本からフィリピンへの観光客50万人を達成、ダルマに目を入れるワンダ・テオ観光大臣(フィリピン)Philippines Department of Tourism

 2017年6月29日、フィリピン観光省は、パレスホテル東京でワンダ・テオ観光大臣との懇談会を開いた。

 日本人観光客50万人達成(1年間)は、フィリピン観光省ベニートC.ベンゾン,JR次官が、10年前に東京支局長在任時に設定した目標。「この目標は野心的な数字と受けとめられていました」と次官は当時を振り返る。

 満願成就でワンダ・テオ観光大臣は、ダルマに目を入れた。また、懇談会出席者からメッセージ入りのワンダーウーマン肖像画が贈られた。

 日本―フィリピン間の航空便数は順調に増えており、バニラエアが、成田―セブを昨年12月に就航した他、ジェットスターは、成田・名古屋・大阪・福岡からマニラへの直行便を開設しており、成田―マニラは通年運航に。フィリピン航空は、新型のエアバス330型機を日本路線に就航させる予定。ゆとりのあるシート設計でビジネスクラスは、座席の硬さを調整する新機能付きのフラットシートになる。
【編集:BY】

関連記事(外部サイト)