北朝鮮貿易商、唖然茫然! すべてのビジネスチャンスが消滅-ICBM発射

北朝鮮貿易商、唖然茫然! すべてのビジネスチャンスが消滅-ICBM発射

4日のICBM初成功を伝える北朝鮮の特別重大報道についての記事(『東亜日報』より) 

 2017年7月8日、韓国『東亜日報』は、中朝国境などで活動する北朝鮮人貿易関係者が4日に実施されたICBMの発射実験に不満を抱いていると『自由アジア放送(FRA)』が伝えたと報じた。

 ある北朝鮮人貿易関係者は、北朝鮮による度重なる威嚇に日に日に不満を募らせている同業者が増えていると話す。

 中国に駐在する北朝鮮の貿易関係者たちは、韓国の新大統領誕生で、中国の朝鮮族を通じて、韓国との新しいビジネスチャンス獲得を模索していたが、今回のミサイル発射でその期待がパーになったと嘆いているという。

 さらに記事では、北朝鮮の貿易関係者や北朝鮮レストラン責任者は、南北関係がもっともよく悲願である南北統一の期待が高まったのは、金大中(キム・デジュン)・盧武鉉(ノ・ムヒョン)時代だったと一様に口をそろえており、特に新しく就任した文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、南北関係がもっともよかった盧武鉉元大統領の側近だっため、南北交易の再開など南北関係改善へ期待している北朝鮮人も多く、その期待を今回のミサイルが完全に打ち砕いたと恨み節を漏らしていると結んでいる。
【編集:中野 鷹】

関連記事(外部サイト)