【フィリピン】レイテ島で大地震ー3回の大地震で10人以上死亡・避難所では水、食料不足

【フィリピン】レイテ島で大地震ー3回の大地震で10人以上死亡・避難所では水、食料不足

地元テレビ報道から

 2017年7月10日、地元メディアによると、レイテ島オルモックで震度6の大地震が起きた。7月8日と6日には震度7の地震があり、不安が広がっている。数百回の余震も続いている。3回の大地震で10人以上の死亡者や、300人以上のケガ人が出ている模様。1000世帯以上が避難生活をしている。

 避難所では、物流が分断されており、水や食料、トイレの不足などもあり、衛生的にも厳しい状況が続いている。

 この地震で多くの家屋が倒壊、レイテ島やサマール島では、停電地域が増えている。電力の復旧作業は1〜2週間かかると見られている。小規模なホテルや、ショッピングモールは、耐震強度が低く危険性が高い。ドゥテルテ大統領は、明日被災地に向かう予定。
【編集:BY】

関連記事(外部サイト)