メガ視察旅行を実施ーフィリピン観光省×セブパシフィック航空

メガ視察旅行を実施ーフィリピン観光省×セブパシフィック航空

視察旅行開催の覚書にサインする、フィリピン観光省レオナ・ネポムセノ大阪支局長(左)、セブパシフィック航空キャンディス・イオグ副社長(右) 2017年7月25日夜東京都内で撮影

 2017年7月25日、フィリピン観光省は、セブパシフィック航空と協力して、初の50人のメガ視察旅行「I Travel Phillppines2017」を開催すると発表した。旅行会社やメディア関係者、ブロガー・インスタグラマーが参加する。

 フィリピンを訪れる日本人観光客は、昨年初めて50万人を突破。今年の第一四半期も、15.75%増(前年比)と大幅な伸びを示している。

 訪日フィリピン人旅行者の増加もあり、セブパシフィック航空は今年6月から、成田―マニラ線に436人乗りのエアバスA330を投入(従来機A320に比べ2倍以上の座席数)。満席での運航日もあり、平均80%の搭乗率で好調だ。

 メガ視察旅行の参加者は、8月2日成田発のセブパシフィック航空エアバスA330に搭乗しマニラ入り。翌日から5つのグループに分かれて、フィリピン最後の秘境「パラワン」、白い砂浜やダイビングに適した「ボホール」、アメリカの雑誌で2016年ベストアイランドに選ばれた「ボラカイ」、ジンベイザメの生息地「ピコール」、世界遺産と愛の街「イロイロ」を訪れる。

【編集:AO】

関連記事(外部サイト)