日本人元受刑者の執筆書籍「求刑死刑」ー麻薬犯罪タイは厳罰

日本人元受刑者の執筆書籍「求刑死刑」ー麻薬犯罪タイは厳罰

彩図社から発売された竹澤恒男氏の「求刑死刑」のカバー。(写真提供:彩図社)

 2017年8月3日、タイは麻薬関係の犯罪には厳罰で臨む傾向があり、場合によっては死刑求刑がある。また、日本人の麻薬事犯の逮捕者も後を絶たず、中には実刑判決を受けて服役している者もいる。

 そんな服役経験者で、2016年8月に釈放され、日本へと帰国した竹澤恒男氏が彩図社より「求刑死刑【タイ・重罪犯専用刑務所から生還した男】」を出版している。

 竹澤氏は2000年初頭にタイから日本へ覚醒剤の密輸を試み、当時の国際空港ドンムアン空港で逮捕された。小遣い稼ぎのつもりで何度か密輸を繰り返し、ついに逮捕されるに至ったが、一審で求刑死刑を言われるまでことの重大さに気がついていなかったという。結果、三十数年の刑が確定し、バンコク郊外にあるバンクワン刑務所に服役した。

 タイは麻薬に関係した犯罪には非常に厳しい。恩赦も多ければ年に数回出るが、麻薬事犯にはほとんど適用されない。また、タイの刑務所は懲罰施設だと言われ、居住スペースなどは劣悪な環境で、病気になった際の治療も実費になるなどでかなり厳しい。特に外国人受刑者は労働が免除され、日銭も稼げないので、一度病気になるとより過酷な状況を強いられる。

 喘息持ちの竹澤氏はタイ国内で日本人向けに発行する無料誌に手記を寄稿することでわずかながらも原稿料をもらって暮らした。今回発行される単行本はそんな手記をまとめたもので、新たな情報も盛り込みながら執筆された。

 タイに限らず東南アジアにおいて麻薬事犯で逮捕されて受刑している日本人は少なからず存在する。この本を読んでタイの刑務所の厳しさと、麻薬で逮捕されることの愚かさを知ってほしい。

【執筆:高田胤臣】

関連記事(外部サイト)