北朝鮮「大同江ビール」ってどんなビールなのか? 北朝鮮以外で飲めるのはあの国

北朝鮮ブランドの「大同江ビール」、ヨーロッパ人好みの濃厚な味で高い評価うける

記事まとめ

  • 北朝鮮の「大同江ビール」が、濃厚でうまいと特にヨーロッパで高い評価を受けている
  • 大同江ビールは、イギリスで倒産したビール工場の醸造施設を丸ごと移築したもの
  • 中国の北朝鮮レストランでは青島ビールと比べて3倍ほどする高級ビールとなっている

北朝鮮「大同江ビール」ってどんなビールなのか? 北朝鮮以外で飲めるのはあの国

北朝鮮「大同江ビール」ってどんなビールなのか? 北朝鮮以外で飲めるのはあの国

大同江ビール(撮影:中野鷹)

 2017年7月29日、北朝鮮で開催予定だった大同江ビール祭りが開幕直前の中止で、大同江ビールが注目されている。意外だが北朝鮮には複数のビールブランドが存在し、大同江ビールはそのうちの一つだ。味は濃厚でうまいと特にヨーロッパで高い評価を受けている。

 その理由は、元々イギリスで倒産したビール工場を買い取って北朝鮮へ醸造施設を丸ごと移築した、イギリスビールが元になっているからだ。そのためヨーロッパ人好みの濃いビールとなっておりヨーロッパでの評価が高くなるのも当然といえる。

 大同江ビールは、故金正日総書記の号令で2001年から工場建築が始まり、翌2002年4月から生産を開始している。現在では、中国へ輸出されているので、中国でも飲むことができるが、中国へ輸出される前には現在では絶対に有り得ない、韓国へ輸出されていたから驚く。親北政権だった金大中・盧武鉉政権の時代のことだ。記者は、2007年に韓国土産としてもらったのが当時韓国で売られていた大同江ビールだった(現在、韓国での販売はされていない)。

 大同江ビールには、白や黒など色の異なる種類やアルコール度数の違う複数の兄弟銘柄が存在する。さらに昨年には従来の瓶ビール、生ビールに加え缶ビールも登場するなどその種類を増やしている。

 近年、中国へ輸出されるようになり北朝鮮レストランのメニューに登場し、丹東や瀋陽など北朝鮮人が多く行き交う都市などでも売られている。大同江ビールを北朝鮮以外で唯一飲むことができるのが中国となっている。

 ちなみに平壌のレストランで外国人が大瓶の大同江ビールを注文すると約165円ほどで飲めるが、中国の北朝鮮レストランで注文すると約490円ほどと同じ量の青島ビールと比べて3倍ほどする高級ビールとなっている。
【執筆:中野 鷹】

関連記事(外部サイト)