【ボホール】アジア・グリーンホテル賞に輝いた ベルビューリゾートが人気

【ボホール】アジア・グリーンホテル賞に輝いた ベルビューリゾートが人気

ホテル・ザ ベルビュー リゾート ボホール (The Bellevue Resort Bohol)

 2017年8月14日、今フィリピンで最も注目されるリゾート地・ボホール。フィリピン観光省初の50人メガ視察旅行「I Travel Phillppines2017」が2日から行われ、3日から5つのグループに分かれて、フィリピン最後の秘境「パラワン」、白い砂浜やダイビングに適した「ボホール」、アメリカの雑誌で2016年ベストアイランドに選ばれた「ボラカイ」、ジンベイザメの生息地「ピコール」、世界遺産と愛の街「イロイロ」を訪れた。 

 ボホール視察団が宿泊したのは、最も総合的に評価の高いホテル・ザ ベルビュー リゾートだ。同ホテルの漆間みな美(21)さんは「フィリピン中部にある歴史深い島、ボホール島。世界遺産のチョコレートヒルズ・世界最小の霊長類メガネザルのターシャの生息地としても知られているほか、フィリピン屈指のダイビングスポットがある場所としても知られております。歴史的な教会の数々・ロボックの船上クルーズなどの豊富な観光資源とともに、ジップライン・気球などのアクティビティもたくさんある魅力的な場所となっております。また、パングラオ島にて国際空港の建設を機に、これから目が離せない場所になっております。

 そのパングラオ島の穏やかな海岸沿いに位置する当ホテル、ベルビューリゾートは、あなたに憩いの空間を与えるために、都会の忙しいライフスタイルからあなたを連れ去ります。当ホテルは環境にやさしいリゾートホテルとして、アジア・グリーンホテル賞を受賞しているとともに、ボホール、唯一の5つ星リゾートとして、みなさまに優雅なひとときを提供しております。国内の旅行者はもとより海外からの旅行者にとっても魅力的なホテルとなっております。ベルビューリゾートにて贅沢なひとときをお過ごしください」と話す。

 来年6月には、日本の支援で本格的な新空港が開港、現在の10倍のキャパシティを持つ。海外からの定期便や直行チャーター便の増加も見込める。
【編集:KL】

関連記事(外部サイト)