ナモン郡病院に救急車1台を支援ー在タイ日本大使館

ナモン郡病院に救急車1台を支援ー在タイ日本大使館

ナモン郡病院で引渡し式典

 2017年8月9日、在タイ日本大使館は、草の根・人間の安全保障無償資金協力として「ソンクラ県ナモン郡における救急車整備計画」の費用、2,009,000タイバーツ(約670万円)の支援を実施した。

 ナモン郡病院で引渡し式典が行われ、在タイ日本大使館の三宅浩史公使参事官、ナモン郡病院のパポーン・ディーチャイセット院長、ソンクラ県保健局のアヌラック・サーラパープ副局長の他、関係者らが出席。
?
 ナモン郡病院はタイ南部ソンクラ県に1995年に設立された公立病院。同病院が対象としているのはナモン郡の4地区29村で、人口が23,577人の地域。現在、同病院では救急車を2台所有しており、救急搬送や公的行事の待機等のために、1日平均5回救急車が出動している。また、手術の受入れ可能な医療機関はナモン郡に隣接する2つの郡の中心地にあり、患者の状態によっては片道約25kmの病院まで搬送しなければならない状況にあった。

 しかし、同病院の所有する救急車2台のうち、1台は老朽化による故障から修理を繰り返していた。在タイ日本大使館は、新しい救急車1台を整備することで、同地の医療環境が改善され、はじめて住民が安心・安全の生活を送ることが出来ると判断し支援を実行した。
【編集:BY】

関連記事(外部サイト)