中国人も感動「本物」の温泉ー栃木那須高原「滝乃湯」源泉かけ流し温泉

中国人も感動「本物」の温泉ー栃木那須高原「滝乃湯」源泉かけ流し温泉

那須「滝乃湯」

 2017年8月22日、多くの中国人の初めての日本旅行は、パック旅行がほとんど。しかし2回目からは、WEBや日本在住の中国人からも情報を収集して、本物の安価な旅を実現する中国人旅行者も増えてきた。

 中国人旅行者のオーさんは「一見安価なパック旅行は、落とし穴がいっぱいです。効果の無い偽薬や、サプリメントを無理やり高値で買わされたり。日本にいる中国人が同胞を騙す手口ですが、中国の旅行会社が指示してやらせていることもあります。でも、責任回避で、日本の免税店が悪質だとコメントして、CCTV(中国国営テレビ)が表面だけ伝えます。しかし、この手法もだいぶバレてきたため、違う罠をしかけているようで。また、中国人の団体旅行だと、良心的な宿は敬遠するため、日本人旅行者が選ばないような宿になってしまうことが多いんです。タイの旅行者とは違い、マナーが悪かったりトラブルを起こす中国人が多いので仕方がない事ですが」と話す。

 日本の温泉にもいろいろな種類がある。保健所の指導や源泉の湯量が少ないため、時々、源泉を投入して循環殺菌し温度を一定に保つ温泉だ。源泉かけ流しと比べると、魅力は大きく劣るが、初心者の中国人旅行者には分かりにくい。

 オーさんは、本物の源泉かけ流し温泉を求めて、東京からバスで約3時間の那須を訪れた。「地元の温泉浴場組合が管理する『滝乃湯』を周囲の民宿の宿泊者は利用することが出来るんです。泉質は硫黄泉で本物の温泉です。『滝乃湯』の前にある民宿・松葉に宿泊しました。料理は、無農薬の野菜が使われており、ほうれん草のサラダや、この土地の素材を生かした手作りにこだわり、一つ一つの料理が美味しかったです。まろやかな天然水もあり、雄大な自然を満喫できました。皇太子ご一家も静養に行かれる那須ですから」

 一昨年、伊豆修善寺のホテルを中国企業が買収し、ほとんどの日本人スタッフが退職に追い込まれたことについては「とても、残念なことですが、これが中国です。その場の利益が第一優先で、長期的なビジョンは無いのです。投資を早く回収し、上がった利益で再投資をして、拡大していく。それが中国では美徳なんです。この民宿街は中国資本に来てほしくないですね」と悲しさを隠せない。世界の偽物大国として君臨する中国にも、本物志向の人が僅かだが増えてきた。
【編集:AJ】

関連記事(外部サイト)