ミサイルで浪費 お金が無い北朝鮮の外貨稼ぎ! 10月に秋の平壌マラソン大会を開催へ

ミサイルで浪費 お金が無い北朝鮮の外貨稼ぎ! 10月に秋の平壌マラソン大会を開催へ

韓国メディアからの引用で秋の平壌マラソン開催を伝えるニュース(『網易』より) 

 2017年8月23日、中国の大手ポータルサイト『網易』ニュースは、北朝鮮が今年10月22日に秋の平壌マラソン大会を開催すると、韓国メディアの記事を引用して報じた。

 記事によると、アメリカと上海に拠点を置く「ウリツアーズ」が秋の平壌マラソン参加ツアーを発表し、すでに7泊8日のツアー募集を始めているという。同社は15年前に韓国系アメリカ人が設立した会社で、担当者は、手配実績に自信を持っており、アメリカ人大学生オットー・ワームビア氏の死亡事件を受けて、米国政府は9月1日からアメリカ人の訪朝を禁止することを北朝鮮は激しく批判しており、北朝鮮は敵国であっても、アメリカ人の訪朝や大会参加を歓迎していると話す。

 春のマラソン大会は、10km、ハーフ、フルマラソンの3種目だが、秋の大会は、5kmコースを加えた4種目になり、午前9時スタート、午後1時半終了の制限時間は4時間30分となる予定。競技場は、春の大会と同じく金日成競技場となる。また、上位入賞者には記念メダルが授与され、参加者全員に大会オリジナルTシャツが贈呈される。
【編集:中野 鷹】

関連記事(外部サイト)