【バンコク】深夜も営業「福田製麺」魚介とんこつ・濃厚とんこつが好評

【バンコク】深夜も営業「福田製麺」魚介とんこつ・濃厚とんこつが好評

福田製麺の正面。タクシーで通ってもすぐにわかるので行きやすい。(高田胤臣撮影)

 2017年9月10日、飲酒をすると最後にラーメンを食べたくなるという日本人男性は少なくない。バンコクで暮らしていると酒の席が多くなる。特に日系企業の駐在員など、働く人は男女問わず、そういった飲みの誘いが増える。女性の場合、健康管理などでその後の食事などは自制が利くが、男性の場合、勢いに任せて食事量も増えてしまう。

 しかし、バンコクは飲食店は深夜0時前に終わってしまう店も多く、締めのラーメンを欲しても店自体があまりやっていない。仮にやっていても、必ずしもおいしい店だとは限らない。

 そんな中で今、バンコクの日本人男性に支持されているのが、スクムビット通りにある「福田製麺」だ。同通りのソイ47と49の間にあり、深夜2時まで営業している。あまり遅い時間だと徒歩はおすすめしない。通り沿いなのでタクシーで乗りつけやすい。

 魚介とんこつや濃厚とんこつなどのスープがあり、ここの最大の特徴は自家製麺にこだわっているところだ。バンコクの日本式ラーメン店は数あれど、自社で製麺しているところは数えるほどしかない。当然スープも店主自らが仕込んで作っており、おいしさもさることながら、愛情のこもった暖かみのある味に定評がある。2017年2月に開業し、今は夫婦で経営されている。若い夫婦で気さくに話せるところもまた人気の理由だ。

【執筆:高田胤臣】

関連記事(外部サイト)