北朝鮮ミサイルで『なぜ円高ドル安に? 』実はトランプ大統領が北朝鮮攻撃のためにわざと?

北朝鮮ミサイルで『なぜ円高ドル安に? 』実はトランプ大統領が北朝鮮攻撃のためにわざと?

平壌市内(撮影:中野鷹) 円全面高、北朝鮮ミサイル発射を受けて、対ドルで4月以来の高値-108円台

 2017年8月29日、「北朝鮮がミサイルを打つと円高になりドル資産が目減りしていくので不安を覚える。今後どうなるか心配」こう語るのは、アメリカ株への投資で生計を立てている60代の個人投資家だ。過去にこのようなことは経験したことないと嘆いている。

 今年だけで10回以上のミサイル発射を繰り返す北朝鮮。ミサイルが発射されるたびにドルが売られて円が買われ円高ドル安になっている。
 
 ミサイル発射自体は元々アメリカを強く意識したもので90年代から継続的に打ち続けているのになぜ今、円高ドル安となることが話題となっているのか。

 ドル円相場に詳しい為替の専門家は、「つい数年前まで北朝鮮のミサイルはアメリカへ届く技術ではなかったのでアメリカにとって脅威ではなく、市場もそのように見てたいのですが、繰り返す核実験やミサイル技術の向上によりICBMでアメリカ本土へ届く技術を手にし、グアムを脅すなど着々と既成事実を積み上げてきました。さらにここへ来て今年就任したトランプ大統領が感情的にも思えるような軽々な北朝鮮についてツイートするものだから逆にそれがアメリカで注目される要因の1つになり、ドル安の要因となっていると考えられています」

 アメリカから見たら取るにならない小国である北朝鮮の動向で大国アメリカの為替市場が左右されるのは、アメリカにとって屈辱以外なにものでもなく、アメリカ産業界などから北朝鮮叩きを求める声が挙がりつつある。もしかするとトランプ大統領は、意図的にこのよう状態を演出して、北朝鮮叩きの国民的なコンセンサスを得るためにやっている…としたらハリウッドスター級の役者だ。
【編集:中野 鷹】

関連記事(外部サイト)