北朝鮮の過去最大規模の核実験で、円高株安のダブルパンチか?

北朝鮮の過去最大規模の核実験で、円高株安のダブルパンチか?

水爆実験成功を発表する特別重大報道を見守る韓国・ソウル駅の人たち(『聯合ニュース』より) 

 2017年9月3日、北朝鮮が6回目の核実験を実施したことを受け、国内のFX(外国為替証拠金取引)大手は、「北朝鮮が核実験を実施したとを日本政府が発表しました。これにより地政学的リスクが高まることが懸念され、週明けの9月4日(月)のオープンレートが1日(金)の営業終了(2日午前5時50分)のレートと大きく乖離し、また、取引開始後のマーケットのボランディが上昇する可能性があります。そのような事態を想定し、予想外の為替変動によるロスカット等に備えた十分な資金を事前に預け、指数注文、逆指数注文等によりリスクをあらかじめ限定しておくなど、適切な資金管理の対策をしておいてください」などと顧客へメールで呼びかけた。

 この数年、北朝鮮による核実験実施後の為替は円高になる傾向を見せており、週明けの外国為替相場は円高になる可能性が高いと推測される。最近では北朝鮮によるミサイル発射でも円高株安になる傾向を見せるなど、週明けは、円高株安のバブルパンチに襲われる可能性がある。

 北朝鮮の動きは、円相場や株式市場を刺激し、産業界への脅威となっている。
【執筆:中野 鷹】

関連記事(外部サイト)