【北朝鮮核実験】金正恩氏追い詰められれば、EMP攻撃開始の危機

【北朝鮮核実験】金正恩氏追い詰められれば、EMP攻撃開始の危機

朝鮮中央通信WEBサイトから

 2017年9月9日、69回目の建国記念日を迎えた北朝鮮。心配されていた、水爆実験やミサイルの発射は無かった。

 北朝鮮事情に詳しい専門家は「『労働新聞』は、水爆実験やミサイルの発射の成功で、自らを軍事先進国だと国威発揚を煽っています。安保理決議で北朝鮮への石油禁輸も、ロシア、中国が受け入れるのも難しい状況です。先手必勝と金正恩氏が行動を起こしてしまう事が最悪のシナリオです。現在の北朝鮮の技術で可能なのは、EMP(核電磁パルス)攻撃を複数同時(3カ所)に発射すること。すべての電子機器がやられてしまい、日本、韓国、グアムは、速やかな反撃をすることも困難です。

 アメリカ、韓国も政権が代わり、内部に北朝鮮との交渉に適した(経験のある)人がいないため、日本が調整するのが現実的ですが、北朝鮮の金正恩氏へのホットラインがあるわけではないので、水面下での交渉もなかなか進んでいません。アメリカから、北朝鮮への軍事行動を始める可能性は低いですが、北朝鮮は、金正恩氏が追い詰められれば、EMP攻撃を始める可能性があると考えられます」と話す。
【編集:YZ】

関連記事(外部サイト)