【北朝鮮制裁決議】朝鮮中央通信WEBサイト『米国は最大級の苦痛を被ることになる』声明報じず

【北朝鮮制裁決議】朝鮮中央通信WEBサイト『米国は最大級の苦痛を被ることになる』声明報じず

朝鮮中央通信WEBサイトから

 2017年9月13日、国営・朝鮮中央通信WEBサイトは、国連安保理制裁決議を拒否したことには触れずに「金正恩氏、島分校と最前線地帯、山里の学校に志願進出した教師らに会い、記念撮影」を12日朝配信したままだ。(9月13日6時50分現在)

 最新ニュースカテゴリーでは『軍民慶祝大会が市・郡で続く (2017.09.12) 』、『総聯で共和国創建69周年祝宴 (2017.09.12) 』が掲載されており、国連安保理制裁決議については報じていない。

 北朝鮮に詳しい専門家は「制裁決議に対する北朝鮮の反応は、国連大使の『米国は最大級の苦痛を被ることになる』と発言(声明)したことだけです。しかし朝鮮中央通信WEBサイトでは触れていません。フィリピンなど周辺国も、北朝鮮との貿易停止を表明していますし、国連安保理制裁決議で、追い詰められていることは間違いありません。緊張関係はかなり悪化しています」と話す。
【編集:YZ】

関連記事(外部サイト)