【タイ】プミポン前国王の葬儀で王宮など一時閉鎖へ

【タイ】プミポン前国王の葬儀で王宮など一時閉鎖へ

10月1日から一時閉鎖される王宮とワット・プラケオ(そむちゃい吉田氏撮影)

 プミポン前国王の本葬が10月25日から29日にかけて執り行われることに伴って、王宮やワット・プラケオが10月1日から29日まで一時閉鎖される。

 昨年10月13日に崩御されたプミポン前国王の本葬は、10月25日から29日に行われる。期間中26日は休日となる。王宮とワット・プラケオへの入場は30日から再開される。

 バンコク高架鉄道(BTS)は、26日を終日運賃を無料する他、25日〜27日までオンヌット〜サムロン間とウォンウェンヤイ〜バンワー間を無料にする。

 また、BTSチョンノンシー(サトーン)からラーチャプルックまで専用レーンを走るバス(BRT)も10月25〜27日の3日間全線が無料となる。

 チャオプラヤー川では、サパーン・タクシンなどから25日から27日に無料の送迎ボートが運行される。しかし、観光用チャオプラヤーエクスプレスは、ターチャーン、プラアーティット、ラーチニーには止まらずに運行するでの、注意が必要。

 また、プミポン前国王が崩御された10月13日は、今年から休日になる。

【翻訳/編集:Duangjan】

関連記事(外部サイト)