金正恩氏「自動車産業を世界的水準に引き上げたい」ー北朝鮮

金正恩氏「自動車産業を世界的水準に引き上げたい」ー北朝鮮

自動車工場で「たばこ」を吸いながら作業を見る金正恩氏・朝鮮中央通信WEBサイトから

 2017年11月4日、朝鮮中央通信WEBサイトは、金正恩党委員長が3月16日工場(自動車工場)を現地指導したことを、10枚の写真付きで伝えた。

 記事は『朝鮮労働党委員長で共和国国務委員会委員長、朝鮮人民軍最高司令官である党と国家、軍隊の最高指導者金正恩同志が、3月16日工場を現地指導して現代化の課題を提示した。

 金正恩委員長は、革命事績教育室と沿革紹介室を見て回った。

 1977年3月16日に創立された同工場は、金日成主席と金正日総書記の指導の下で国の経済を発展させ、国防力を打ち固めることに積極的に寄与する大規模の自動車生産拠点に成長、強化された。

 金正恩委員長は、自ら工場の敷地も定め、工場で生産した初の中型自動車の名前を「テベクサン(太白山)」号と命名し、工場が進むべき前途を明示した金日成主席と金正日総書記の賢明な指導と細心な配慮によって3月16日工場が誇らしい発展行路を歩んでくることができたと述べた。

 工場の労働者階級がこれまで多くの自動車を生産して社会主義大建設場と人民軍に送ることによって祖国の富強・繁栄に大きな貢献をしたとし、彼らの功労を高く評価した。(中略)

 1月18日機械総合工場で良質のエンジンが量産されていることをはじめ自動車生産関連部門の物質的・技術的土台が強固であるだけに3月16日工場を母体にして近代的な自動車工業を創設することができると確信に満ちて述べた。

 金正恩委員長は、3月16日工場を現代化することによって日を追って増える人民経済の輸送需要を円滑に満たし、国防力をいっそう打ち固めることに積極的に寄与するようにしようと言い、工場を知識経済時代の要請に即して近代的に改修するうえで提起される課題を提示した。

 国の自動車産業を世界的水準に引き上げるうえで新しい転換点をもたらそうと言い、今日の決心が富強な祖国の建設のための正当な措置であったということを証明できるようにわれわれが共に力を合わせて改修・現代化を力強く推し進めようと熱烈にアーピルした。

 金正恩委員長は、自身の心の中に深く位置している3月16日工場の活動家と従業員が党の信頼をつねに銘記し、自分らに課された栄誉ある本分を全うするとの期待と確信を表明して彼らと共に記念写真を撮った。

 朝鮮労働党中央委員会の呉秀容、朴泰成の両副委員長と党中央委員会の責任幹部であるホン・ヨンチル、趙甬元、劉進の各氏が同行した』などと伝えた。
【編集:AO】

関連記事(外部サイト)