【インドネシア】中国高速鉄道ガタボロ計画・ジャカルタ―バンドン本格的な建設工事2018年からか!? 

【インドネシア】中国高速鉄道ガタボロ計画・ジャカルタ―バンドン本格的な建設工事2018年からか!? 

中国高速鉄道のイメージ

 2017年11月3日、インドネシアの現地メディアは、中国が建設する高速鉄道計画(ジャカルタ―バンドン間・約140Km、当初開業予定2019年)の本格的な建設工事は、2018年初頭からになりそうだとの観測的な情報を伝えた。

 関係者は「土地の収用問題の遅れ以外に、中国からの資金調達問題も発生」と指摘し、「以前は、総費用の75%の資金を提供することを約束していた中国開発銀行は、資金を調達することに難色を示し、土地収用問題が解決されるまで、わずか45億ドルの融資しか実行されない」と嘆く。

 中国は当初から、日本の新幹線をインドネシアが採用しないように妨害するのが目的で、ずさんな提案に縋ったインドネシア政府の浅はかさに日本の関係者も呆れかえっていたが、当初計画の次回大統領選までに高速鉄道が完成することはあり得ない状況になっている。

 起工式は、ジョコ大統領や中国の国務委員らが出席して、2016年1月21日に行われていた。
【編集:AJ】

関連記事(外部サイト)