クラビ・アイランドホッピングへ出発ータイ国政府観光庁「クラビ&カオラック」視察研修ツアー

クラビ・アイランドホッピングへ出発ータイ国政府観光庁「クラビ&カオラック」視察研修ツアー

岩山の断崖が切り立ち、時間帯によっては太陽を避けてのスイミングも楽しめる。クラビRayavadeeホテル前のビーチ(2017年11月18日撮影)

 2017年11月18日、タイ国政府観光庁「クラビ&カオラック」(タイ南部)視察研修ツアーのメンバーは、アイランドホッピングへ出発した。

 タイ南部、アンダマン海に面したクラビは、ダイナミックな自然を満喫できる秘境リゾート。岬にあるRAYAVADEEホテルは、途中に道路が無いためアクセスはボートのみ。大きな木を伐採せずに隙間を利用して建てたコテージのため、迷路のような配置になっている。

 RAYAVADEEホテル前のビーチには、岩山の断崖が切り立ち、時間帯によっては太陽を避けてのスイミングも楽しめる。珍しい洞窟レストランも欧米人観光客には広く知られている。クラビは山深い国立公園もひろがり自然との共存を実現したリゾート地だ。小島が点在しており、白い浜を歩いて渡れる島もある。スノーケリングでは、真っ白なサンゴ礁に戯れるクマノミ(ノモ)も必見。原生のマングローブ林では、美味しいエビやカニが豊富に穫れ漁村のレストランが一番のお勧めだ。

 日本ではまだあまり知られていないクラビへは、日本各地から就航している、タイ国際航空(TG)のバンコク乗り換えが一番便利。
【編集:LampangY】

関連記事(外部サイト)