金正恩氏「トラック工場を視察」ー北朝鮮

金正恩氏「トラック工場を視察」ー北朝鮮

朝鮮中央通信WEBサイトから

 2017年11月21日、朝鮮中央通信WEBサイトは、30枚の写真とともに、金正恩委員長がトラック工場を視察したことを伝えた。屋外に並べられた完成したトラックを背景にした写真が多いが、一部にはエンジン組立や製造ラインも含まれている。

(記事原文のまま)『最高指導者金正恩委員長が、自力更生の革命精神を強く発揮して党が与えた新型トラック生産課題を立派に遂行した勝利自動車連合企業所を現地で指導した。

金正恩委員長は、勝利山革命事績館と沿革紹介室、革命事績物保存室を見て回った。

金正恩委員長は、1965年5月16日、勝利自動車連合企業所の前身である徳川自動車工場で生産した「勝利58」型トラックを見る金日成主席と金正日総書記の写真を深い感慨の中で見ながら実に意義深い写真だ、主席と総書記の賢明かつ細心な指導によって連合企業所はこれまでさまざまな型の数多くのトラックを生産して国の経済発展と国防力強化に大いに貢献することができたと述べた。

金正恩委員長は、勝利自動車連合企業所で生産した新型の5トン級トラックを見た。

広い駐車場を埋め尽くして立ち並んでいる新型の5トン級トラックを明るい微笑を浮かべて眺めながら、わが労働者たちが自分の力を信じて立ち上がり生産したチュチェ朝鮮のトラックだ、見るほど力が湧き満足だと述べ、連合企業所の労働者たちに戦闘的あいさつを送った。

金正恩委員長は、自らトラックに乗って運転しながら5トン級トラックの性能と技術的特性について具体的に調べた。

見るほどすばらしくて気に入る朝鮮式の5トン級トラックはマンリマ(万里馬)時代に生まれた大事な財宝であるとし、敵対勢力がわれわれの前途を阻もうとあがくほど、朝鮮労働者階級の不屈の精神力はよりいっそう強くなっており、世界を驚かす偉大な奇跡を生んでいるということを新しく生産した5トン級トラックが実証していると力を入れて述べた。

金正恩委員長は、組立職場、精密加工職場、エンジン職場などの各所を見て回って勝利自動車連合企業所が来年に遂行すべきトラック生産課題を与え、連合企業所に提起される綱領的な課題を提示した。

また、国の経済を発展させ、国力を強化するにはトラックを自前で生産するのがとても重要であるとし、近代的なトラックを量産できるように連合企業所を新世紀の要求に即して改築近代化しなければならないと述べた。

金正恩委員長は、勝利自動車連合企業所の活動家と労働者が党が提示した改築近代化の課題を立派に遂行して、日ごとに増える輸送の需要を円滑に満たすことに積極的に寄与するとの期待と確信を表明し、彼らと共に記念写真を撮った。

朝鮮労働党中央委員会の呉秀容、朴泰成の両副委員長、趙甬元副部長が同行した。』
【編集:AO】

関連記事(外部サイト)