アジア各地ですっかり定着・偽物ハローキティーほとんどが中国製・パクリを正当化する意見も

アジア各地ですっかり定着・偽物ハローキティーほとんどが中国製・パクリを正当化する意見も

中国製の偽物がアジアで蔓延

アジア各地ですっかり定着・偽物ハローキティーほとんどが中国製・パクリを正当化する意見も

フィリピンの露店で上下100ペソ(約220円)で売られている、ホームウェア。(偽物 ハローキティ)

 2017年12月17日、急速な発展を遂げ膨大なパワーを秘めた中国だが、知的所有権の保護などの観点は遅れていて、あらゆるコピー商品(偽物)の製造拠点としての顔も持つ。

 ある中国人見識者は真顔で「真似(パクる)をすることは、悪い事ではありません。日本は中国が開発した漢字を母国文字として使用し、「日本語」として普及させています。見方によっては、これはどうなんでしょうか。中国が開発した、様々な文化を享受している国はたくさんあるのです。お互いに真似ることで学習するのです。それが文化の向上に繋がります」と話す。

 こうした考えが根底にあるため、撲滅するのは難しそうだ。フィリピンでも多くの中国生産のハローキティ(偽物)が蔓延している。
【編集:LampangZ】

関連記事(外部サイト)