【タイ国際航空 学生アンバサダー報告5】松谷友理恵さん、タイで有名人になって友達130人作る

【タイ国際航空 学生アンバサダー報告5】松谷友理恵さん、タイで有名人になって友達130人作る

「タイで有名人になる! そして友達130人作る!」のマニュフェストを達成した松谷友理恵さん(撮影:我妻伊都)

 2017年12月15日、タイ国際航空学生アンバサダー報告会の5人目は、神戸女学院大学4年生の松谷友理恵さん。マニュフェストは、「タイで有名人になる! そして友達130人作る!」。

人と面白いことが大好きな松谷さんは学生団体に所属し多くの人とかかわりイベントを企画したりするなど充実した学生生活をおくっている。

 タイ国際航空学生アンバサダーに応募したのは、単純に有名になりたい。何よりも直感的に面白そうと感じたことが、面白いこと好きの松谷さんの応募動機となった。

 松谷さんのマニュフェストは、「タイで有名人になる! そして友達130人作る!」

 当初は友達100人作ることを掲げていたが、マニュフェストのブラッシュアップ段階で今年が日本とタイの修好130年であることを知り、100人から130人へと増やすことにした。

 9月にタイへフィールドワークに行く前の語学研修として、「スカイプでのタイ語レッスンを女性のTIP先生から指導してもらったのですが、タイ語は発音が非常に難しく、何度も繰り返しながらTIP先生に根気強く教えてもらったおかげで、とてもためになりました」とタイ語レッスンを紹介。

 その他にも、タイの文化学習やマニュフェストの具体化、タイでの活動スケジュール作成、タイ国際航空東京支社でのミーティング、大阪支社の訪問などを行い9月に備えた。

 タイヘのフィールドワークへ出発。1日目は、公園を視察し、友達を募るために自己紹介や顔写真、「ツイッター」のID、「ライン」のQRコードなどを掲載したチラシを作りを活動することに。当初チラシを英文で作成したところ英文が読めない人が多く、急きょタイ語で再作成し直すハプニングに見舞われる。

 2日目は、友達作りのためタイの最高学府「チュラロンコン大学」教育学部と工学部を訪問し声をかけていく。
 
 3日目も友達作りの活動を継続した結果、友達130人が目標のところ300人のタイ人の友達を作ることができ、見事にマニュフェストを達成。スクリーンには、たくさんのタイの友人と一緒に撮影した写真が画面いっぱいに表示された。

 松谷さんは学生アンバサダーの活動を通して学んだこととして、「一言で表現するとメンタルが鍛えれたことです。マニュフェスト達成のために3日間で300人以上の見知らぬ人に声をかけることは日本でも経験できません。しかも、それをタイでやりました。活動の途中で『どうしよう? 』と心が折れそうにもなりましたが、必ず成し遂げるという思いで行動を続けることができました。元々ポジティブシンキングでメンタルは強いほうかと思っていましたが、今回の活動を通して自分の精神力がさらにアップしたなと感じています。また、タイ人の温かさを肌で感じることができ、本当によかったです。ありがとうございます」とタイ国際航空学生アンバサダー活動を総括した。
 
 「タイ国際航空 学生アンバサダー」は、半年間に渡り若い世代へ旅の魅力を伝え、夢を持った旅行を通じて成長をサポートしたいと初めて企画したプログラム。

【執筆:我妻 伊都】

関連記事(外部サイト)