金正恩党委員長、米本土全域は核射程圏内「核の発射ボタンを机上に」新年の辞

金正恩党委員長、米本土全域は核射程圏内「核の発射ボタンを机上に」新年の辞

朝鮮中央通信WEBサイトから

 2018年1月1日、朝鮮中央通信WEBサイトは、金正恩委員長の、新年の辞を伝えた。

 (原文から抜粋)金正恩委員長は、米国は決して私とわが国家を相手にして戦争をしかけることはできないと述べ、米本土全域がわれわれの核打撃射程圏の中にあり、核のボタンがつねに私の事務室の机の上に置かれているということ、これは決して威嚇ではなく現実であることをはっきり知るべきだと強調した。

 金正恩委員長は、新年はわが人民が共和国創建70周年を大慶事に記念することになり、南朝鮮では冬季オリンピックが開催されることにより、北と南にとって共に有意義な年であると強調した。

 金正恩委員長は、われわれは平和を愛する責任ある核強国として侵略的な敵対勢力がわが国家の自主権と利益を侵害しない限り核兵器を使用しないし、いかなる国や地域も核で脅かさないと闡明(せんめい)した。しかし、朝鮮半島の平和と安全を破壊する行為に対しては断固対応していくと強調した。
【編集:AJ】

関連記事(外部サイト)