韓国『仁川国際空港 第2ターミナル・オープン』大韓航空などスカイチームが利用

韓国『仁川国際空港 第2ターミナル・オープン』大韓航空などスカイチームが利用

新しい第2ターミナルへ移動する大韓航空から告知

 2018年1月18日、韓国の玄関口である「仁川国際空港」の第2旅客ターミナルがオープンした。新ターミナルをメインで使用する大韓航空によると、第2ターミナルは、同じスカイチームの「デルタ航空」、「エールフランス航空」、「KLMオランダ航空」の4社が利用するのだという。日系航空会社やLCC各社は引き続き、第1ターミナルの発着となる。

 仁川国際空港第2旅客ターミナルは、2013年に建設が始まり2017年9月に完成している。今回の第2ターミナル完成で、仁川国際空港は年間7200万人の旅客が処理可能になる。第2ターミナルは、出国エリアまでの総移動距離が第1の約233メートルに比べ59メートルと大幅に短くなり利便性を向上させている。

 仁川国際空港第2ターミナルの建物は地下2階、地上5階、総面積は38万4000平方メートル。午前4時20分着の大韓航空KE624(フィリピン・マニラ発)から第2ターミナルへ切り替わり本格運用を始めた。同空港は2001年3月29日に開港し、今回の拡張は第3期目となり、年間旅客数処理1億人を想定した第4期拡張工事まで計画されている。
【編集:我妻 伊都】

関連記事(外部サイト)