「偽ファミリーマート」韓国人オーナー日本国内報道にビビリ、急遽看板を撤去

フィリピン偽ファミリマート誕生と『みんなのニュース』が報道 偽ファミマは看板撤去

記事まとめ

  • フィリピン・マニラに偽ファミリマートが誕生し、フジ『みんなのニュース』が報道した
  • 偽ファミマオーナーは急遽看板を撤去し、店名そのものは変えず看板デザインを変更した
  • 偽ファミマのある地域は韓国の勢力が増しており、偽ファミマのオーナーは韓国人である

「偽ファミリーマート」韓国人オーナー日本国内報道にビビリ、急遽看板を撤去

「偽ファミリーマート」韓国人オーナー日本国内報道にビビリ、急遽看板を撤去

新しくなった看板(2018年1月20日撮影)

 2018年1月19日、フィリピン・マニラ郊外の繁華街に、偽コンビニファミリマートが誕生し、フジテレビの報道番組「みんなのニュース」1月15日放送などでも取り上げられ批判を浴びていた問題で、偽ファミリーマートのオーナーは、急遽この偽類似看板を撤去して、店名そのものは変えず看板デザインを変更した。

 新しい看板は、以前の看板の下に小さく表示されていた「4EVER A&J」を大きくし、右側に小さくFAMILY MARTと表示。デザインの完成度は低く、焦って施工したためビニールシールにはしわが寄っており、貧相な仮設店舗に見える。

 周辺には、韓国系のホテルがオープンしたり、アメリカ系のバーの経営者が韓国人に変わったりと、韓国の勢力が増している地域。

 ファミリーマートではなく「4EVER A&J FAMILY MART」だと主張し、偽看板を撤去さえすれば、すべて解決といった短絡的な思考のようだが、対応の速さだけは危機管理能力が高く、証拠の隠滅には長けているようだ。
【編集:AJ】

関連記事(外部サイト)