【タイ食文化に触れる旅】タイ産・新感覚ワインは、スパイシーな味わいが魅力・注目度急上昇!

【タイ食文化に触れる旅】タイ産・新感覚ワインは、スパイシーな味わいが魅力・注目度急上昇!

カオヤイワイナリー タイ東北部(2018年1月23日午後撮影)

 2018年1月23日、マンゴツリーxタイ国政府観光庁x H.I.S.がタッグを組んだパッケージツアー『イサーン回廊をめぐる旅 バンコク・ウドンタニ・コーンケン&カオヤイ6日間』の参加者は、カオヤイワイナリー『PV Valley』を訪れた。

 広大な敷地を持つカオヤイワイナリーは、昨年の世界的なコンクールでも金賞や銀賞を受賞するなど、フランス産やオーストラリア産とも違う、中間的な味わいが世界のワイン愛好家の注目を集めている。

 適度な温暖差と肥沃な土壌が葡萄の生育にも最適。フランスよりも糖度の高い葡萄が収穫できるため、醸造時に砂糖を使用することなく最高のワインが出来上がる。(ビッグマネージャー談)

 昨年は葡萄の花から実をつける時期に大量の雨が降ってしまい、生産量は前年比60%減の40%に留まってしまったが、葡萄のクオリティは前年と同じ。農薬をほとんど使用せず(カビ防止のため微量使用)最高品質の葡萄からスパイシーな味わいが魅力のワインが誕生する。

 タイ料理との相性は抜群で、タイ国内でも認知が広がっている。この日は葡萄畑でタイの人気ドラマの撮影が3台のカメラを使用し、大掛かりに進められていた。
【編集:LampangY】

関連記事(外部サイト)