【ミャンマー】日本コンテンツ、映画祭で後押し ヤンゴンとマンダレーで韓流に対抗

【ミャンマー】日本コンテンツ、映画祭で後押し ヤンゴンとマンダレーで韓流に対抗

今年は会場を拡大した日本映画祭(ヤンゴン、撮影:北角裕樹)

 2018年1月19日、ヤンゴンのネピドーシネマなどで日本の映画を上映する「日本映画祭」が始まった。ヤンゴンでは1月28日まで、マンダレーでは2月2日から4日に開催され、2016年以降公開の計16本の日本映画を上映する。国際交流基金と在緬日本大使館が共催するもので、日本のコンテンツに親しんでもらうことで、韓流ドラマが人気のミャンマーに一石を投じるのが狙いだ。

 ヤンゴンでは、昨年よりも会場を拡大し3つのスクリーンで「ちはやふる 上の句」(小泉徳宏監督)や「本能寺ホテル」(鈴木雅之監督)などが上映。会場には「モヒカン故郷に帰る」の沖田修一監督が舞台あいさつし、会場から「長いシーンでは俳優をどのように指導したのか」などと具体的な質問が飛び交った。「湯を沸かすほどの熱い愛」(中野量太監督)を鑑賞したミャンマー人男性は「とても感動的な映画で、好きになった」と話していた。
【執筆:北角裕樹】

関連記事(外部サイト)