【タイ】京都物産展が都心高級デパートで31日まで開催

【タイ】京都物産展が都心高級デパートで31日まで開催

来タイ中の新人バンド「メンカタ」と取材するユーチューバーTJ Channel

 2018年1月31日まで、バンコク都内高級デポート、エムクオーティエで京都府などが主催する京都物産展が開催中だ。食料品店舗グルメマーケットに設けられたコーナーには、大勢のタイ人や在住欧米人も訪れている。

 京都物産展は、京都府、公益財団法人京都産業21、京都府農林水産物・加工品輸出促進協議会などが主宰。バンコク都心でも、在住外国人やタイ人富裕層が多いBTSプロンポン駅前のエムクオーティエのグルメマーケット内開催している。

 千年以上もの間、都として日本を代表する様々な文化を創造。ユネスコ無形文化遺産にも登録された「和食」発祥の地として食文化の中心を担ってきた京都から直送された、食品や伝統工芸品などが出展されている。

 会場には、日本人も含む在住外国人のほか、タイメディアも取材に駆けつけるなど、タイの日本ブームは、すでにブームを通り越していると確信できるほど息長く、深い理解をも得ているようだ。

 取材に来ていた日タイハーフのユーチューバー「TJ Channel」は「タイ人にとって、日本はずっと昔から憧れの存在。文化、伝統、音楽、そして食べ物。直接旅行に行けるようになって、さらに親近感が増しているのを感じています」と話す。

 京都物産展 in ハ?ンコク2018は、31日まで開催されている。

会場:BTSプロンポン駅前ハ?ンコク高級百貨店「エムクオーティエ」 ク?ラント?フロア ク?ルメ―マーケット内 10:00〜24:00

出展商品:果物(苺・梨)、Kyoto Beef 雅、抹茶菓子、焼き芋、京七宝、お香、 和雑貨(置物・アクセサリー) など。
【取材:そむちゃい吉田】

関連記事(外部サイト)