韓国ではあり得ない民意尊重制度運用! 公務員バイト『OK』のタイで、兵役中の歌手もコンサート『OK』

韓国ではあり得ない民意尊重制度運用! 公務員バイト『OK』のタイで、兵役中の歌手もコンサート『OK』

昨年11月から二年間の兵役に就いている人気歌手ブン・パトゥムラートさん(本人提供写真)

 2018年2月9日、バンコク近郊のライブスペースで昨年二年間の兵役に就き多くのファンが悲嘆にくれた歌手が、ライブ活動再開のコンサートを行い、会場に入りきれないほどのファンが詰め掛けた。

 ライブが行われたのは、MRTタオプーン駅近くのイサーンラムプルーン。エンターテイメントレストランとして、多くの有名歌手を招致してライブを開催している店だ。

 ライブ活動再開を宣言した後、初めてのライブに臨んだのは、ブン・パトゥムラートさん(Rサヤーム社)は、歌手活動の再開を望むファンの声に応えて、軍隊での休日に活動をしていくという。しかし、ライブ当日に緊急招集がかかる可能性もあることや、厳しい軍隊生活の合間に本人の疲労をとるべき時間を使うことなど、不安要素も多い。

 こうしたことから、ファンたちも「無理はしないで欲しい」と言ったブンの体調を気使うものと、「2年も待てないから、頑張って欲しい!」と意見も半々の様子。

 タイでは、その給料の安さから公務員のアルバイトが認められている。今回のケースは、お金のためでないが、タイの鷹揚な社会が、韓国ではあり得ない臨機応変な制度運用という良い作用として実現した模様。今後の活動はブンさんの体力次第ということになりそうだ。
【取材:そむちゃい吉田】

関連記事(外部サイト)