ロイエット県難聴者学校に送迎バスを支援ー在タイ日本大使館

ロイエット県難聴者学校に送迎バスを支援ー在タイ日本大使館

バスに試乗する、佐渡島志郎タイ大使

 2018年3月12日、在タイ日本大使館は、草の根・人間の安全保障無償資金協力として「ロイエット県難聴者学校の聴覚障がい者や知的障がい者のための送迎バス整備計画」にかかる総額300万タイバーツ(約1千万円)の支援を射行った。

 ロイエット県難聴者学校でバスの引き渡し式典が行われ、ロイエット県チャヤン・シリマート副知事、同校のワッチャラポン・モントリーパクディー校長、そして、在タイ日本国大使館から佐渡島志郎大使他、関係者らが出席した。

 ロイエット県難聴者学校は、タイ東北部のロイエット県タワットブリー郡ニウェット区にあり、聴覚障がい者や知的障がい者を対象に、幼児教育から後期中等教育を提供している公立養護学校。生徒213名と教師・保母67名が在籍している。

 支援した30人乗りのバスは、社会生活の知識とスキルを身につけるために、博物館やデパートなどの公共施設で一般的な社会生活体験学習や、公的機関が主催するイベントなどに参加するために使用される。
【編集:AS】

関連記事(外部サイト)