【タイ国際航空】成田―バンコク線増便 『毎日4便』体制に

【タイ国際航空】成田―バンコク線増便 『毎日4便』体制に

成田空港44番ゲート前 (2018年3月26日撮影)

 2018年3月26日、タイ国際航空(TG)は、成田9:45発 ーバンコク14:15着、TG627便(エアバスA330型機)の増便を記念し、セレモニーを開催した。

 国土交通省 東京航空局 石井 靖男 成田国際空港長 と、成田国際空港 長田 太 代表取締役副社長が来賓として出席し増便を祝った。

 タイ国際航空 日本・アメリカ地区総支配人 アーヌパープ キッティクン氏は「このTG627便の就航は、弊社タイ国際航空・成田‐バンコク線にとりましては4本目のフライトとなります。これにより、すでに運航中の羽田‐バンコクのフライトと合わせますと関東地区から毎日6便を運航していることになります。今から約60年前の1960年の日本路線初就航から考えますと、それだけ日本とタイがより親密に近い国になったということです。タイ国際航空は、今後もこの利便性を一層向上させることで、日タイの経済と人的交流の拡大に大きく貢献できますよう積極的に取り組んでまいります」と挨拶。

 セレモニーのテープカットには、タイ国際航空 ニワチャイ パーラカウォン ナ アユタヤ 成田空港支配人と、初便TG627 パヤカカパン サンガポング機長も加わった。
【編集:LampangY】

関連記事(外部サイト)