【タイ】ポーンパー地区行政機構の消防車整備を支援 ー在チェンマイ日本総領事館

【タイ】ポーンパー地区行政機構の消防車整備を支援 ー在チェンマイ日本総領事館

総領事がバスケットに乗って消防車の訓練披露

 2018年3月21日、在チェンマイ日本総領事館は、草の根・人間の安全保障無償資金協力として「チェンライ県メーサーイ郡ポーンパー地区行政機構災害対策能力強化計画」の引き渡し式を行った。川田一徳総領事とポーンパー地区行政機構長代行のスダー・パティセン副助役らが出席した。

 ポーンパー地区は、チェンライ県西部のミャンマーとの国境地帯にあり、主に農地や山岳からなる地域で森林火災とともに降雨が不足しがちで水不足が多発している地域。既存の消防車は老朽化しており、災害対策能力の強化が喫緊の課題となっていた。

 ポーンパー地区行政機構による多目的消防車の整備に向けた災害対策能力強化計画に総額3,006,000バーツ(約938万円)の支援を行い、多目的消防車(4,000?水槽、バスケット付き油圧式クレーン搭載)を引き渡した。
【編集:MO】

関連記事(外部サイト)