「第1回ミス・マンダリンコンテスト2018」グランプリ! 北京大・留学中『吉川慧玲さん』に決定

「第1回ミス・マンダリンコンテスト2018」グランプリ! 北京大・留学中『吉川慧玲さん』に決定

グランプリに輝いた、吉川慧玲さん

 2018年4月22日、日本と中華圏を繋ぐ友好親善大使「第1回ミス・マンダリンコンテスト2018」が東京都内のレストランで行われた。

 グランプリには、吉川慧玲さん(北京大学・留学中)が輝いた。日中の友好親善大使としての活動が始まる。

 吉川慧玲さんは、審査スピーチの中で「北京大学での長期留学を経て、日中を繋ぐ活動に情熱をもって取り組む人々がたくさんいることに衝撃を受けました。単なる日中間の『懸け橋』ではなく、いまだに多くの人々の意識の根底にあるネガティブなイメージを刷新し、新しい風を、ここから、巻き起こしたいと思っています。中華圏の新しい技術を積極的に受け入れる柔軟性、未知の分野にも果敢に切り込んでいく積極性など、彼らから見習い、取り入れていくべき姿勢も多いことに気付きました」などとアピールした。

 この日は、100人近い応募の中から、ミス総理大臣2017グランプリ、ミスユニバースジャパン神奈川2017大会のファイナリスト、モデルやタレントのたまごなど、8人が最終審査に臨んだ。歌や踊り、スピーチなどで、魅力を競った。準グランプリは、峯岸ちひろさん、江原郁美さんの2人が獲得した。

 審査員を務めた矢野浩二氏(中国で人気No.1の日本人俳優)は、自らの中国での経験を語り、日中でのこれからの活動についてエールを送った。最後に会場の約150人全員が中国の有名曲「朋友(友だち)」を歌いコンテストを終了した。
【編集:AJ】

関連記事(外部サイト)