待ちきれず・早くもレストランブース開店『タイ・フェスティバル2018』東京・代々木公園でスタート

待ちきれず・早くもレストランブース開店『タイ・フェスティバル2018』東京・代々木公園でスタート

東京・代々木公園『タイ・フェスティバル会場』2018年5月12日8時40分ごろ撮影

 2018年5月12日、東京・代々木公園で、『タイ・フェスティバル2018』が始まった。タイ王国を幅広くPRするために行われるフェスティバルで、規模としては世界最大になる。公式スタートは朝10時からだが、早めに準備の整ったレストランブースでは9時前から、料理の提供を始めている。美味しいタイ料理の香りがあちらこちらから漂ってくる。

 レストランブースでは、ガパオライスやトムヤムクン、パッタイ(焼きそば)、ガイヤーン(焼き鳥)、ソムタム(パパイヤサラダ)、マンゴーかき氷など様々なタイの味を1コイン500円から楽しめるのも人気の一つ。

 ステージでは、バンコクを拠点に活動するアイドルグループ「BNK48」の初出演や、大御所「サウンド・オブ・サイアム」らがライブを展開する。

 10時からの開会式には、ウィーラサック・コースラット観光スポーツ大臣やバンサーン・ブンナーク大使、宮腰 光寛内閣総理大臣補佐官や堀井巌外務大臣政務官が出席する予定。

 今年のテーマは「New Shades of Thailand」。まだ日本にあまり馴染みのないタイ料理、製品、サービス、また、まだ紹介されていない文化や観光地、イノベーションなど、アジアの中で経済・投資・観光の中心であるタイにもっと興味をもってもらえるような、タイの新しい一面をアピールする。

 コンセプトは「Food, Fun, Friendship, Future」となり、タイ料理や果物、製品、タイ舞踊といった魅力のほかに、今年はタイ政府による長期ビジョンの具体的な政策の情報を発信するために、特別展示「Thailand 4.0-the future is here」を開催。

 タイフェスティバルは5月12-13日の2日間。開催時間は10時〜20時。入場無料。

【編集:AN】

関連記事(外部サイト)