タイの王女様も歌う「恋チュン」を引っさげ! タイ・フェスティバルを盛り上げたBNK48 

タイの王女様も歌う「恋チュン」を引っさげ! タイ・フェスティバルを盛り上げたBNK48 

NBK48の6人左からモバイル、パン、ミュージック、イズリナ、チャープラン、ジェニス(撮影:我妻伊都)

 2018年5月13日、今年の「タイ・フェスティバル2018」の注目アーティストは、今回がタイフェス初参加の「BNK48」だ。BNK48は「AKB48」の姉妹グループでタイでは9本のテレビCM出演や先月末に懇談したプラユット首相と一緒のポーズで記念撮影したりと国民的な知名度をグングン上げている。

 BNK48オリジナル曲に加え、ABK48の代表曲「恋するフォーチュンクッキー」のタイ語カバー曲が人気を博し、ファンだけではなく、多くのタイの著名なアーティストもアレンジしてユーチューブにアップするなどしてさらに注目に拍車がかかっている。最近では、故ラーマ9世の長女であるウボンラット王女がダンスしながら 恋するフォーチュンクッキーを歌う動画がユーチューブにアップされて老若男女の話題をさらうなど、まさにタイの国民的なアイドルへの道をまっしぐらに進むグループだ。

 今回、タイフェイスへ参加したのは、キャプテンのチャープラン、AKB48からBNK48へ移籍したイズリナ(伊豆田莉奈)、ミュージック、ジェニス、モバイル、パンの6人。

 6月に行われる恒例のAKBグループの総選挙。今年からは海外グループも参加できるようになり、BNK48からは10人が立候補しており、今回の6人からはチャープランなど4人が立候補している。

 そんなBNK48の皆さんにインタビューした。

・今回の最年少はモバイルさんですね。来日は何度目になりますか?
 
《モバイル》今年(7月で)16になります。 今回で5回目の日本です。

・東京の感想とか他のメディアさんで何度もお答えされていると思うので、少し違うことを質問させてもらいます。今タイで「恋するフォーチュンクッキー」 が大ブームでファンだけではなく、有名なアーティストもカバーしてユーチューブにアップしています。ロック調だったり、ルークトゥン(演歌)風だったりと様々です。日本だと著名なアーティストが他のアーティストの曲をカバーしてユーチューブへアップすることはあまりないのですが、アレンジカバー曲がユーチューブへアップされていることをどう思いますか?

《チャープラン》このような現象はタイでは珍しくないのですが、有名なアーティストさんにカバーしてもらえることはとても光栄です。こういう形で皆さんとの間をつなぐ媒体になれることがいいなと思っています。

《モバイル》すごく嬉しいです。この曲が皆さんへ伝わっていることに感動します。それによって私たちBNKを好きになってくれるきっかけになれば幸せです。

・ ウボンラット王女が恋するフォーチュンクッキーでおにぎり(冒頭の手をこねるような動きのダンス、指原莉乃さん命名)を作りながら歌われているユーチューブ動画も拝見しました。すごいですね!

《全員》とても光栄です!

・初日のライブはすごい熱気でした。ライブ後のツイッターの反響がすごかったですよ。手応えいかがですか?

《ミュージック》日本での反響は、AKBの先輩でもあるイズリナさんのおかげだと思っています。イズリナさんがBNKへ来てくれたことが本当にありがたいです。今後、チャンスがあればAKBの先輩たちと一緒にステージに立たせてもらえるようにがんばります。

《イズリナ》日本のファンの方にも私たちBNKを知ってもらえてきたのが嬉しいです。タイでは多少認知してもらってきましたが、日本では、まだ知らない方も多いので、反響があったのは嬉しいです。

《全員》日本の皆さんの前で公演できる機会が増えるようにがんばります。応援よろしくお願いします。

 今回のタイ・フェスティバル2018のステージでは、「会いたかった」、「大声ダイヤモンド」、「365日の紙飛行機」、そして「恋するフォーチュンクッキー」の4曲で会場をヒートアップさせた。

 日本での認知度急上昇で、BNK48は来月の世界選抜での総選挙で台風の目になるか注目したい。

【編集:我妻 伊都】

関連記事(外部サイト)