中国製・偽物「パイオニア」ピカピカ金マイク登場! 低価格市場を席巻

中国製・偽物「パイオニア」ピカピカ金マイク登場! 低価格市場を席巻

銀からピカピカ金へ、ヤマハからパイオニアへ、日本メーカーの偽物マイク。

 2018年6月17日、フィリピンでは、ホームカラオケが大人気。5000曲以上も収録されたカラオケDVDがセットされて、本体1500ペソ(3300円)の装置が売れ筋だ。ピンコードをテレビに接続するだけですぐに使える。また、スピーカー出力アンプも内蔵されており、外部スピーカーも使用できる。コストパーフォーマンスは高い。

 マイクは別に購入することになる。この店で人気が高いのは、日本ブランド・マイク YAMAHA(DM-801) 395ペソ(869円)だったが、新たに新商品として店頭に置かれているのはパイオニアのマイク(DM-9000)、価格は450ペソ(990円)。マイクの形状や箱も同じで、違いは色とブランド名のみ。説明書は添付されておらず、周波数特性グラフが箱に記載されている。メーカーの所在地や連絡先などの記載はない。

 10年前の中国製・偽物マイクは、品質が悪く使用に耐えない粗悪品だったが、価格の割には性能もそこそこ向上。ボーカルマイクの定番アメリカSHURE社のダイナミックマイクSM58の正規品だと4500ペソ以上(9900円)になってしまうため、偽日本ブランド・マイクの需要は高い。
【編集:AN】

関連記事(外部サイト)