【タイ国際航空】ワールドカップ サッカー日本戦・生放送も機内で観戦OKに!

【タイ国際航空】ワールドカップ サッカー日本戦・生放送も機内で観戦OKに!

ワールドカップ サッカー日本戦 の観戦もOK タイ国際航空 エアバスA350-900 

 タイ国際航空(TG)は、2018年6月14日から「LIVE TV on Board」サービスをスタートさせる。19日から始まるワールドカップ サッカー日本戦(日本 VS コロンビア)も機内で観戦できる。対象機種はA350-900、B787-8、B787-9。

 「LIVE TV on Board」は、パナソニック アビオニクス コーポレーション(Panasonic Avionics Corporation)による航空機内衛星テレビサービスeXTVを通して提供され、NHKプレミアムやCNN、BBCが放送する最新ニュースと、スポーツ24が放送する、サッカーやテニス、ゴルフなどのスポーツ番組をリアルタイムで視聴できる。(スポーツ24の放送プログラムはwww.sport24-tv.comに掲載)

 エアバスA350-900は、羽田(TG661/660)、成田(TG643/642)、関西(TG673/672)、ブリュッセル(TG934/935)、ミラノ(TG940/941)、ローマ(TG944/945)、メルボルン(TG461/462,TG465/466)、
ドバイ(TG517/518)など。

 ボーイング787-8は、中部セントレア(TG647/646)、デリー(TG331/332)、ウィーン(TG936/937)、パース(TG481/TG482、TG483/TG484)、ブリスベン(TG473/474、 TG477/478)など。
 
 ボーイング787-9は、オークランド(TG491/492 7月1日から)、台北(TG632/633)などに、それぞれ就航している。TGは機内エンターティメントの充実にも力を入れており、日本語吹き替え版・映画のラインナップも豊富だ。
【編集:KM】

関連記事(外部サイト)