朝鮮中央通信ー金正恩氏の北京訪問を報じる【 1 】

朝鮮中央通信ー金正恩氏の北京訪問を報じる【 1 】

朝鮮中央通信WEBサイトから

 2018年6月20日、北朝鮮国営の朝鮮中央通信日本語版WEBサイトは、28枚の写真とともに金正恩委員長が朝米首脳会談の報告に北京を訪れたことを伝えた。

(記事)朝鮮労働党委員長である朝鮮国務委員会の金正恩委員長と中国共産党中央委員会総書記である中国の習近平国家主席間の会談が19日、人民大会堂で行われた。

 会談では、国際社会の非常な関心と期待の中で成功裏に行われた歴史的な朝米首脳対面の結果とそれに対する評価と見解、立場が相互通報され、朝鮮半島非核化の解決展望をはじめとする共通の関心事となる一連の問題に関して有益な意見の交換が行われ、論議された問題で共通の認識を遂げた。

 金正恩委員長は、中国の党と政府が朝米首脳の対面と会談の成功裏の開催のために積極的で真心こもった支持と立派な協力を与えたことに謝意を表した。

 金正恩委員長は、最近、両党間の戦略的な協同が強化され、相互に対する信頼がいっそう厚くなっている現実をたいへん満足に、貴重に思うと述べ、今後も朝中の両党、両国人民間のより緊密な友好と団結、協力の関係をさらに発展させていく決心と意志を披れきした。

 習近平主席は、金正恩委員長同志が朝米首脳の対面と会談を成功裏に主導して朝鮮半島情勢を対話と協商の軌道、平和と安定の軌道に乗せたことについて高く評価し、心から祝った。

 習近平主席は、朝鮮半島の非核化実現を目指す朝鮮側の立場と決心を積極的に支持すると述べ、中国は今後も引き続き自分の建設的役割を発揮していくと語った。会談は、同志的かつ虚心坦懐で、友好的な雰囲気の中で行われた。
【編集:KM】

関連記事(外部サイト)