日本通運『ラオス』での営業を開始

日本通運『ラオス』での営業を開始

ラオスのイメージ 最古のタイ文字が刻まれた石碑とタイ文字の創始者といわれるラムカムヘン大王の銅像

 2018年7月2日、日本通運の現地法人、南アジア・オセアニア日本通運は、ラオスの首都ビエンチャン市とサバナケット県に支店を開設し営業を開始した。

 近年、ラオスは約7%と高い経済成長が続いており、カンボジア・ミャンマーとともに「タイプラスワン」の製造加工の拠点として注目が高まっている。
 
 また同国はGMS(大メコン圏)の中心に位置し、タイ・ベトナム・中国を結ぶ物流の戦略地域としても注目されており、物流需要が今後高まっていくと予想されている。

〇ビエンチャン支店

(NIPPON EXPRESS (SOUTH ASIA & OCEANIA) PTE. LTD. VIENTIANE BRANCH)

住所
VIENG VANG TOWER NO.601/B2, UNIT 15, BOULICHAN ROAD, DOUNGPALAN THONG VILLAGE,
SISATTANAK DISTRICT, VIENTIABE, LAO P.D.R.

電話番号
(ビエンチャン支店、サバナケット支店共通) +856-21-264-174

〇サバナケット支店

(NIPPON EXPRESS (SOUTH ASIA & OCEANIA) PTE. LTD. SAVANNAKHET BRANCH)

住所
GRAND FLOOR SAVAN-SENO SEZ AUTHORITY OFFICE, ROAD NO.9,
NAKAE VILLAGE, KAISONE PHOMVIHANE DISTRICT, SAVANNAKHT PROVINCE, LAO P.D.R.
【編集:KL】

関連記事(外部サイト)