タイ・ランパーン県で、リハビリセンター機器整備計画を支援ーチェンマイ日本総領事館

タイ・ランパーン県で、リハビリセンター機器整備計画を支援ーチェンマイ日本総領事館

デーンゲーオリハビリセンター

 2018年8月10日、チェンマイ日本総領事館は、草の根・人間の安全保障無償資金協力として「ランパーン県トゥーン郡のリハビリセンター機器整備計画」の引渡式を行い、川田一徳総領事とトゥーン病院のサラーウット・セントーン院長らが出席した。

 ランパーン県の最南端に位置するトゥーン郡は、勤労年齢層の大半が都会へ働きに出てしまうため、60歳を超える高齢者の割合がタイ全国平均より高く大きな問題になっている。高齢者の多くはリハビリが必要な疾患を抱えていたが、整備されたリハビリ施設が無かった。このため、チェンマイ日本総領事館はトゥーン病院のリハビリ機器整備にかかる総額2,585,600バーツ(約810万円)の支援を行い、トゥーン病院と新設2カ所のリハビリセンターにリハビリ機器を整備した。
【編集:MO】

関連記事(外部サイト)