【もっと素敵なタイへ】バンコクの空港ラウンジ充実ー清楚で上品なスタッフが爽やかな笑顔で接客(2)

【もっと素敵なタイへ】バンコクの空港ラウンジ充実ー清楚で上品なスタッフが爽やかな笑顔で接客(2)

バンコク・スワンナプーム国際空港、コンコースFにあるAir France - KLM SkyLounge、シャワー利用時のタオルはフロントで貸し出される。片言の日本語が話せるビーさん(2018年8月14日撮影)

 2018年8月14日、世界のハブ空港として充実した機能を誇るバンコク・スワンナプーム国際空港。タイ国際航空のラウンジは「World’s Best Airline Lounge Spa Facility」で、4年連続で受賞に輝くほど(コンコースD ロイヤルファーストクラス、ロイヤルシルククラスのラウンジ)。

 タイ国際航空の高度なサービスレベルに牽引される形で、その他のラウンジのレベルも確実に上がている。

 コンコースFにあるAir France - KLM SkyLoungeも人気のラウンジの一つ。清楚で上品なフロントスタッフが笑顔で迎えてくれる。片言の日本語が話せるビーさんからタイのおもてなしの心が感じられた。料理も美味しくソムタム(パパイヤのサラダ)や、トマトスープ、海苔巻きなどが充実している。シャワー室は清潔に保たれ、湯温は約43度程度まで上げる事ができた。換気扇が無いので、若干低温ミスト室状態になりやすい。カメラなどの光学機器は注意が必要。こじんまりとしているが、ヨーロッパの卓越したセンスがタイ文化と融合したような雰囲気が醸し出されている。
【編集:WY】

関連記事(外部サイト)