フィリピングローバルコイン店舗オープンーCEOは大統領の弟 エマニュエル・ドゥテルテ氏

フィリピングローバルコイン店舗オープンーCEOは大統領の弟 エマニュエル・ドゥテルテ氏

店舗オープン 2018年8月20日 フィリピン・セブ島で撮影

 2018年8月20日、フィリピングローバルコイン・JAPHIL GLOBAL COINS CORPORATIONS(J-PGC)はフィリピン・セブ島に第1店舗目のバヤッドセンターをオープンさせた。

 J-PGCのCEOエマニュエル・ドゥテルテ氏(フィリピン大統領の弟)は「フィリピンの国民の為に手数料の安いリミッタンス(海外送金)、利息の安いマイクロファイナンスを目指して出店していく」などと抱負を語り、今後の展望については「フィリピンの右肩上がりの実経済の需要、活性化につながるビジネスを視野にいれて事業展開していく」と述べた。

 オープンしたバヤッドセンターは、フィリピン最大の電力会社であるメラルコの子会社、シーアイエスバヤドセンターと業務提携し、電力、水道、インターネット、ケーブルテレビ、携帯電話、学費、税金、オンラインショッピング、クレジットカード、保険、寄付など約200種類の請求書の支払いを受付ける。銀行口座自動引き落としが普及していないフィリピンでは、生活に欠かせない窓口として利用されている。
【編集:AN】

関連記事(外部サイト)