便座が壊れて使えない、エアアジア(AirAsia)ブランドの航空会社フライト

便座が壊れて使えない、エアアジア(AirAsia)ブランドの航空会社フライト

ここまで壊れる前に、便座を交換することを考えなかったのだろうか? エアアジア・ブランドの航空会社 エアバスA320のトイレ(2018年8月21日撮影)

 2018年8月21日、LCC最優良航空会社に10年連続で選ばれたエアアジア(AirAsia)・本社マレーシア、この栄誉はエアアジアが獲得(Skytrax社)したもので、エアアジア・ブランドの航空会社とは別の話。

 しかし、一部のエアアジア・ブランドの航空会社では、自社が受賞したかのようにチェックインカウンターの上部ディスプレイで、繰り返しPRビデオを放映している。

 エアアジア・ブランドの航空会社には大きく分けて、新たに設立した会社と既存の航空会社がエアアジアグループ入りした2種類がある。便座が壊れたまま運航しているのは後社の方で老朽化した機材が多いことで知られている。また、食べかけのチョコレートケーキを販売してしまい、客からのクレームで慌てて交換するなどトラブルも多い。そうした中でCA(客室乗務員)は、親切丁寧でキビキビ対応しており好感度は高かった。

 一方、エアアジア・ジャパンは、新しい機材で運航しており、元全日空のエキスパートで初代CEOの小田切義憲氏の意思が受け継がれているようだが、玉石混淆のエアアジアを利用するときには、きちんと事前のリサーチをしてから慎重にチケットを購入した方がよさそうだ。
【編集:AN】

関連記事(外部サイト)