タイ国観光スポーツ事務次官『MotoGP開催』ースポーツツーリズムの新時代を拓くと期待

タイ国観光スポーツ事務次官『MotoGP開催』ースポーツツーリズムの新時代を拓くと期待

タイ国観光スポーツ事務次官 ポーンパヌ・サウェールタン氏(2018年8月28日東京都内のホテルで撮影)

 2018年8月28日、東京都内で開催されたタイブリーラム県で10月に開催予定の『MotoGPのPRイベント』で、来日中のタイ国観光スポーツ事務次官、ポーンパヌ・サウェータルン氏は登壇しメッセージを伝えた。

 「長い歴史のある日泰の友好関係は双方向の人の流れを促し、2018年下半期には日本を訪れるタイ人観光客が100万人を超える予想がされている。また、日本はMotoGPのファクトリーチームの拠点をタイに置くなどし、日泰は双方に手を取り合い強固な協力関係を築いてきた。タイでは政府を挙げてスポーツビジネスの発展と推進に取り組んでいる中で、今回ブリーラム県にMotoGPの開催誘致に成功したことは非常に光栄である。ブリーラム県のスポーツインフラは世界にひけを取らない。これを機に、タイのスポーツツーリズムが新たなイメージとして世界に浸透していくことを期待している」と語った。
【編集:山田愛】

関連記事(外部サイト)