タイスポーツ庁総裁代理『MotoGP開催』国内のモータースポーツ振興の好機になると期待

タイスポーツ庁総裁代理『MotoGP開催』国内のモータースポーツ振興の好機になると期待

タイ国スポーツ庁総裁代理 サンウィアン・ブーントー氏(2018年8月28日東京都内のホテルで撮影)

 2018年8月28日、東京都内で行われたタイ・ブリーラム県で10月に開催予定の『MotoGPのPRイベント』で、来日中のタイ国スポーツ庁総裁代理、サンウィアン・ブーント―氏は登壇しメッセージを伝えた。

 「タイはモータースポーツの発展と振興を支援してきた。結果MotoGPの開催国となったことを非常にうれしく思っている。主催国となったことで、タイに10億バーツ(約34億円※8月29日現在)以上の収入がもたらされると試算されており、大きな経済効果が期待される。また、タイでMotoGPが開催されることにより、国内の若者にモータースポーツへの関心を持ってもらい、ますますモータースポーツの振興に寄与してくれることを願っている。その中からプロドライバーが生まれれば、スポーツ庁はそういった若者を支援し、ワールドクラスのトップドライバーに育成していく所存だ。ブリーラム県に観戦に来ていただければ、ローカルの文化とスポーツの繁栄が融合した、新たな文明を楽しんでいただけることだろう」と語った。
【編集:山田愛】

関連記事(外部サイト)