NIPPON HAKU2018開催『タイ初登場のゲーム』ー若者が熱視線

NIPPON HAKU2018開催『タイ初登場のゲーム』ー若者が熱視線

初日の金曜日から会場には多くの人が訪れていた。

 2018年8月31日ー9月2日の3日間、バンコク都心でNIPPON HAKU2018が開催され、多くの日本好きタイ人が会場を埋め尽くした。

 NIPPON HAKUは、日本を紹介する総合イベントとして毎年バンコク都心の大型高級商業施設サイアムパラゴン五階のパラゴンホールで開催さる、日本好きなタイ人の若者や家族連れが注目するイベント。今年から名称が変わり、NIPPON HAKUになった。

 今年も多くの出展ブースが日本から参加し、それぞれ趣向を凝らして注目を引いていた。その中でも8月にタイに初登場したプリパラは、日本での人気のエンターテイメント性もあって、ブースを訪れた学生たちが熱中する姿が見られた。

 ゲームを紹介するために日本から来たプリパラガールズのあいみぃさんは「タイではユーチューブでアニメを配信。ゲーム機はまずエカマイのゲートウェイに設置していて、予想以上の反響です」とタイでもヒットする期待を込めて語った。

 最終日のメインステージには、BNK48も登場した会場には、タイで活躍するよしもとの住みます芸人の姿も見られ、こちらは沖縄県とのコラボでアピール。会場のあちこちで、まだまだ衰えを知らないタイの日本熱を実感することが出来た。
【取材/撮影:そむちゃい吉田】

関連記事(外部サイト)