【タイ】ますます深化する日本文化 NIPPON HAKU2018大盛況

【タイ】ますます深化する日本文化 NIPPON HAKU2018大盛況

WErun社のブースには、アニメファンのタイ人歌手も激励に訪ずれていた(写真:藤原 功)

 2018年8月31日から9月2日の三日間、バンコク都心の大型商業施設内パラゴンホールで行われた日本を紹介する総合イベントNIPPON HAKUが大盛況だった。会場を埋め尽くしたタイの人々は、若者だけではなく、家族連れも多くタイの中で日本がすっかり定着している様子が垣間見えた。

 NIPPON HAKUは、昨年までのジャパンエキスポインタイランドから名称を改めて、バンコク都市の一等地にある大型高級商業施設サイアムパラゴンのイベントホールで開催された。開催初日の金曜日は、平日にも関わらず制服姿の学生たちの姿も多く、中には学校行事の一環として先生が引率して来場する姿も見られた。

 日本のポップカルチャーや食べ物が中心になりがちな他のイベント一線を画しているのは、日本語や文化、地方を紹介するブースが目立つ点だろう。会場の1/4ほどを占めた語学学校のブースには、熱心に話を聞く学生たちがひっきりなしに訪れていた。

 また、地方自治体による出展もそれぞれに観光地や名産品をアピール。タイでも、まだまだ見る機会の少ない独自の地方文化を発信していたほか、バンコクにある大学の日本語学科による地方紹介ブースも注目されていた。

 もちろん、クールジャパンを先導するアニメ関連のブースにはどこも多くの若者が絶えなかった。版権を所有しているグッズの販売を行なっていたWErun社のブース・スタッフは「間も無くアニメ関連の店舗を開設する予定で、マーケットの反応を探る意味も含めて出展しました。若い人たちの日本熱は相当なもので、手応えは上々です」と話す。

 また、タイよしもとはバンコクで着実な活動を続けている住みます芸人たちを動員して、沖縄で毎年開催されている「沖縄国際映画祭島全部でおーきな祭り」をアピール。恥ずかしがりなタイ人たちも恐る恐る写真を撮っていた。また、人気上昇中のSWEAT16もメインステージでの公演のほか握手会も行われ長蛇の列ができ、主張とニーズの両面をうまく取り入れた展開をしていた。

 タイでは、このNIPPON HAKUのほか、隣接するセントラルワールドでもJAPAN EXPOが毎年開催されている。他にも都内だけでなく、郊外や地方で日本の物産展などのイベントも増えており、タイにおける日本文化はますます深化する様相だ。しかし、その分これまでのような物を並べただけの展示では集客も難しくなってきている。これからは、より独特な特徴や専門性が求められているのではないだろうか。

【取材/撮影:そむちゃい吉田】

関連記事(外部サイト)