HSBC投信-インド債券市場:投資チャンスと留意点・運用担当者への単独インタビュー 2.

HSBC投信-インド債券市場:投資チャンスと留意点・運用担当者への単独インタビュー 2.

インドのイメージ

 2018年9月19日、HSBC投信は、「インド債券市場:投資チャンスと留意点・運用担当者への単独インタビュー」と題するレポートを伝えた。インタビューに登場するのは、ゴードン・ロドリゲス アジア債券運用チーム 金利・為替戦略責任者。

 インドでは、2018年初以来、債券利回りが上昇し、通貨が下落している。これは他の新興国市場にも共通するものだが、インドでは経済ファンダメンタルズが過去数年にわたり著しく改善し、他の多くの新興国市場を凌駕している。今後は通貨の安定が見込まれることや、投資適格級の債券市場としては高い利回りを確保できることから、インド債券市場に投資機会が到来していると考える。

 本レポートでは、当社のアジア債券運用責任者のゴードン・ロドリゲスが、今後のインドの債券市場の見通しや留意点について述べる。

 インド債券の中期的な見通しは?

 インド経済のファンダメンタルズおよびインド市場は健全であると当社は見ている。国債と社債の信用の質は経済が発展するに伴い、長期的に改善を続けると予想される。教育水準の高い若い人口を豊富に有するインドが大きな可能性を秘めた国であることは誰もが認めるところであり、その可能性は適切な政策と経済の一段の開放によって現実となるだろう。

 インドが過去数年にわたり国家体制を劇的に改善してきたことも忘れてはならない。インドでは、強い独立性を有する中央銀行がインフレ目標政策を掲げ、金融政策を運営している。モディ政権によって着手された改革の多くは恒久的なものだが、その恩恵を数年後から享受できよう。物品サービス税(GST)の導入によってインドに初めて単一市場が誕生し、安定的な民主主義の下でのデジタル化政策や住宅購入者の保護政策によって市民の権利は一段と向上してきた。

 2013年から2014年にかけてインド債券市場が米ドルベースで大幅に下落したことも指摘しておきたい。債券市場はその後回復し、国債は米ドルベースで14.3%のリターンを上げている。平均回帰性の観点からも、投資の好機をとらえることが可能であろう。

 インドは世界的な貿易戦争の影響を受けやすいのか?

 米国が鉄鋼とアルミニウムの輸入に課した追加関税がインドの輸出に与える金額的な影響は2億4,000万米ドル程度にとどまるため、直接的打撃は非常に限定的である。しかし、世界貿易が減速する懸念により投資家心理が損なわれていることは間違いなく、実際に一部の新興国資産が売られている。当社は米国と他の国々との貿易摩擦は最終的には良い方向へと解決されると見ているが、その時期を予想するのは容易でなく、現在は各国の国内政治が複雑に絡みあう中で膠着状態に陥っている。

 留意すべきリスクは? それにどう対応すべきか?

 貿易摩擦

 上述のように、貿易摩擦は中期的には良い方向へと解決されると見ている。しかし、短期的な動向や市場心理の変化を予想するのは難しい。当面はやや警戒感が強まると考えられる。当社では、債券市場のファンダメンタルズに立ち戻ることにより、この問題が資産価値に変化をもたらすか検討しているが、インド債券市場は中期的に良好なリターンをもたらすことに一段と確信を抱いている。

 2019年の総選挙

 世界各国で、政治の先行きを見通すことが非常に難しくなっているが、当社の基本シナリオは、モディ首相が2019年に再選されることを想定している。モディ首相の支持率に大きな後退は見られず、都市部では同首相の推進する改革が高く評価されている。また、仮に想定外の選挙結果が出たとしても、それがインド経済にとって中長期的にマイナスに作用するとは限らない。但し、インド人民党(BJP)主導の現政権に代わって、何らかの新たな連立政権が誕生すれば、政権の不安定性に対する懸念は高まるだろう。とは言え、当社では、今後数ヶ月間は持続すると予想される政治的不透明感は、すでに債券価格の下落によって市場に織り込まれていると見ており、現在は魅力的な利回りへの投資が可能な状況にあると見ている。

 一段の原油高

 これも予想が極めて難しい問題だが、原油価格は景気サイクルの影響を受ける。例えば、世界貿易が縮小して世界経済が減速すれば、原油やその他コモディティの需要も減少、それら価格が下落し、インドの債券市場や通貨にはプラスに作用することが考えられる。一方、貿易摩擦の問題が解決して、リスク選好度が回復すれば、インドを含む新興国市場の相場が全般的に上昇することも考えられる。

 最後に一言

 2018年の債券市場のリターンがかなり期待を下回っていることは明らかであり、インドの債券と通貨ルピーの米ドル建てリターンはマイナスとなっている。しかし、インドの債券市場は国内経済ファンダメンタルズが良好であることから、他の新興国の債券市場を概ねアウトパフォームしている。これは年初来だけでなく、過去5年間で見ても言えることである。国内投資家が大半を占めるインドの債券市場は、他の新興国や先進国の債券市場との連動性が低く、より広範な債券ポートフォリオに分散効果をもたらしている。

 さらに言えば、現在のように変動の大きな局面にこそ、最も魅力的な投資機がもたらされることが多く、当社は今がインド債券市場に参入する投資機会と見ている。
【編集:KH】

関連記事(外部サイト)