【タイ国際航空】札幌ーバンコク線を12月2日から増便、週10往復に

【タイ国際航空】札幌ーバンコク線を12月2日から増便、週10往復に

タイ国際航空CAのイメージ

 2018年12月2日から、タイ国際航空(TG)は、札幌ーバンコク線を増便する。

 これまでの毎日1往復から、火・木・日曜に週3往復を追加し週10往復の運航を実施する。増便のフライトスケジュールは、札幌を18時に出発し、バンコクに23時時50分に到着するTG681便と、バンコクを8時に出発し、札幌に16時25分に到着するTG680便。

 機材は、ロイヤルシルククラス(ビジネスクラス)34席、エコノミークラス330席のボーイング777-300型機を投入する。

 また、フィリピン航空は、新路線として2018年10月から札幌ーマニラ線を就航させる予定で、東南アジアと北海道を結ぶ直行便の需要は高い。
【編集:RC】

関連記事(外部サイト)