【ツーリズムEXPO】憧れのシンガポールエアラインのビジネスシートを体験!

【ツーリズムEXPO】憧れのシンガポールエアラインのビジネスシートを体験!

ドリームライナーのフルフラットシート体験をアテンドするシンガポールエアラインのCA(2018年9月21日撮影)

 2018年9月23日、今日まで東京で開催中のツーリズムEXPOでは、スタートラックス社が行う航空会社の格付けで常に首位にランキングされるシンガポールエアラインのブースで、ビジネスシート、エコノミーシート、それぞれの乗り心地を体験することができる。

 ボーイング787-10ドリームライナーのローンチカスタマーであるシンガポールエアラインは、日本就航50周年を記念して同機のシートを体験できるブースを用意している。東京発の便は現在20%が、名古屋、大阪発の便は100%が同機にて運航されており、福岡発の便についても今冬から100%がドリームライナーでの運航となる予定。

 フルフラットになるビジネスクラスのシートを体験した、ツーリズムEXPOに出展中のインドネシアジャワ島の旅行会社オーナーとセントーサ島のホテル広報担当者は「座り心地もフルフラットにした時の寝心地もとてもいい。さすがシンガポールエアラインだ。」と満足げに感想を述べた。

 ツーリズムEXPOのために日本へ出張中だというフライトアテンダントは、同機内での乗務では乾燥しにくいと利点を話す。フライトアテンダントの丁寧なサービスも、高い評価を受けているシンガポールエアライン。機内でのサービスと同様、同社のシンボルとも言える民族衣装をモチーフにしたサロンケバヤと呼ばれる制服を身にまとったフライトアテンダントは、来場者を笑顔でもてなしていた。
【編集:山田愛】

関連記事(外部サイト)